FC2ブログ

WRESTLENOMICS プロレスリング業界動向レポート日本語版 2019年度版

スポンサーサイト



われわれが先頭を切って、ファイトアイランドから再開するぞ (デイナ・ホワイト)



デイナ・ホワイト、ESPNインタビュー。

Q UFC 249の状況を教えて下さい。

今日、ディズニーとESPNのトップから電話があって、一時休止してくれと言われた。

誰もが大会開催は無理だという中、われわれは解決策を編み出した。仮にTachi PalaceでUFC 249ができなくなったとしても、その先のバックアッププランもあったんだ。世間の批判の声も私は気にしない。メディアの多くはウソを書いている。ただ、パートナーのESPNからやめてくれと言われた。私は選手や社員の面倒も見ないといけないんだが、それが出来る限りは、パートナーの指示に従う。

Tachi Palaceはこの大変な時期にしっかりと支援してくれた。今後カリフォルニアでビッグファイトを開催する際には、われわれはTachi Palaceでやる。選手の皆さんは、家族と一緒に安全第一で過ごして欲しい。金の心配はいらない。私は契約通りに試合を提供するつもりだ。社員の解雇もしない。

元通りに復帰する時にはわれわれが先頭を切るぞ。ファイトアイランドからお送りしよう。

Q いつ再開できると思いますか。

わからん。個人的には来週再開でもかまわないんだ。パートナーがゴーサインをくれれば、すぐにでも再開する。本来ならUFC 249から再開して、6月にはすっかり通常スケジュールに戻ろうと思っていた。また計画を練り直すよ。選手の皆さんには、コンディションを整えて待っていて欲しい。

ファイトアイランドでは建築が進んでいて、あと1か月程度で準備が万全になる。練習施設も作るから、選手はそこで練習してくれてもいいんだ。それもあるから、私は試合はちゃんと提供できると言っているんだ。


「UFC 249に出場する選手は、自宅待機している人よりうんと安全だ」(デイナ・ホワイト)




デイナ・ホワイト、ESPNインタビューより。


Q:ジャスティン・ゲイジーがスクランブル出場することになりました。

デイナ:ハビブがロシアに閉じ込められて欠場となったからな。あれは誰のせいでもない。状況は毎日変わっていたし、こちらのミスでもあった。

Q: まだ大会まで12日ありますが、これからまた状況が変わることはありますか。

ないとはいえないだろうな。私にも分からないよ。ほんの1か月前には、ラスベガスのカジノが全部閉鎖されてしまうなんて、想像もできなかったからな。でも何か問題が生じても、どうにかできると信じている。

UFC 249を開催する会場は、2か月にわたっておさえてある。それに、島もおさえた。今はインフラを建築している。国際戦は島で行う。アメリカ人選手、外国人選手も含め、UFCはここから再開するぞ。これまで3大会をキャンセルしたが、この後は通常スケジュールに戻る。

Q: UFC 249の開催地はどこですか。

ESPNだ。どこでもいいだろう。どうせ無観客なんだ。メディアのヤツらは連れて行ってやる。

Q:なぜ開催地を伏せるのですか。

会場に電話でクレームをいれるような、おかしなヤツらがいるんだよ。

Q: 会場にいる人数を制限するなどの対策は取りますか。

ブラジルでの無観客大会は50人体制で乗り切っただろ。いいか、コロナがあろうがなかろうが、健康と安全は最優先事項だ。どんな制限があろうと、その制限以上の安全策を採る。UFCドクターの意見を聞いて、全員がケアされるようにする。

Q: アスレティック・コミッションは管轄しますか。

ああ。

Q: USADAのドラッグテストはありますか。

普段通りだ。

Q: コロナの検査などはしますか。

規定以上の安全策を採るということだ。いいか、だれも最初にイベントを再開する人にはなりたくないんだ。怖がっていないのは私とビンス・マクマホンくらいだろう。ビンスは解決策を見つけた。なんとか事態を打開する方法をみつけないといけない。今はリーダーシップが必要だ。家に隠れていることは解決策ではないんだよ。

Q: イベントを休止しないで、アグレッシブにやり続けるモチベーションは何ですか。

だって、やるしかないだろう。どうにか解決策を見つけないと仕方ないんだ。カリフォルニア州では学校が閉鎖されているが、学校でしか食事を取れない子どもたちもいるんだぞ。失業した人はどうなる? 私は私の小さな世界で、それをやっているだけだ。

Q: しかし、ゲート収入は得られませんし、移動費だけでも大変です。

そりゃどのスポーツでも同じじゃないか。カネのためだろうというヤツらもいるだろうが、私はカネならあるぞ。カネが目的なら、4年前にやめても良かったんだ。どこかの時点で、状況を打破するしかないんだよ。9月まで家に閉じこもっているつもりか。

Q: せっかくの試合なのに、練習が十分できないという声もあります。

そこは選手が対応しないといけないところだろうが、まあ、どうなるかみてみよう。

Q: 負傷した選手が入院先で、コロナウィルスに感染する危険もあります。

UFCドクターの意見を聞いて、手を打つことになっている。いいか、いろんな課題はあるが、ここ数週間で全て対応策を考えてある。キミらが思いつくような疑問は、全て解消してあるんだよ。今大会に出場する選手は、自宅待機している人よりうんと安全だ。最高の医療体制が整っている。

Q: 島というのはいつから使えるのですか。

契約は明日あさってにもまとまる。

Q: ゲイジーとファーガソンは暫定王座戦になっています。

世界トップの2人なんだ。当然のことだろう。勝者がハビブに挑戦する。

Q: ファーガソンとハビブの6度目の仕切り直しはありますか。

みんなが見たい試合だからな。ブルックリンは数分で売り切れたんだぞ。

Q: 今回の試合でコナー・マクレガーの今後はどうなりますか。

コナーはハビブと戦いたがっていたが、ハビブの次戦はおそらく9月頃、暫定王者との統一戦になるんだろうな。こんな状況になるとは誰も思わなかったんだ。コナーの今後はこれから考える。

Q: コロナウィルス感染拡大の今、イベントを行うことには批判の声もあります。

私は社員を誇りに思うよ。家にいてNetflixを見ていてもいいところ、猛烈に働いて大会を実現してくれた。他人が何を言おうが、私は気にせんよ。



コロナ検査をしますか、の質問に、イエスとは言わないんだよな・・・大丈夫かな。それと、大会はノンサンクションで行われるのではないかとの報道もある。




ハビブ・ヌルマゴメドフ欠場のいきさつ、UFC 249はフロリダ開催か


ハビブ・ヌルマゴメドフがIG配信で語った内容は次の通り。ESPNより。

試合がどこで行われるのか、何も分からないまま、American Kickboxing Academy(カリフォルニア州サンホセ)で練習していた。そうしたらUFCから、試合が米国内で行われる可能性は100%ありえない、アブダビ開催になる可能性が99%だ、という連絡が入った。

それでわれわれはすぐにアブダビに行こうということになった。3月19日か20日ごろのことだったと思う。ところがアブダビに到着するとすぐに、現地政府が国境封鎖を発表し、入国も出国もできなくなることがわかった。

だからわれわれはロシアに戻った。私はいま、ダゲスタンにいて、毎日練習をしているが、何のために練習をしているのかは分からない。というのも、ロシアも国境封鎖をすることになったからだ。アメリカでも、ヨーロッパでも、アブダビでも状況は同じだ。今や世界中で隔離が行われている。

UFCはいま、私抜きでイベントを実施しようとしているらしい。法律は守らないといけないから、それも仕方ない。そしてUFCではトニーの対戦相手を探していると聞いている。彼は今アメリカに、私は今ロシアにいるからね。ただ、私は自分の意志でロシアに戻ったわけではないんだ。UFCがアメリカでの開催はないというからこうなった。



デイナ・ホワイト、MMA Fightingより。

やっと解決できたと思ったら、必ず問題が発生する。翌朝目が覚めると、またしても世界がまるで変わってしまう。前日にスタッフと一緒にした仕事が、全部ひっくり返される。今朝も、ハビブがロシアに閉じ込められて出国できないというニュースで目が覚めた。また一から考え直さないと行けない。今もスタッフが仕事をしてくれている。いいか、私は絶対に諦めないぞ。試合はやるからな。

メディアはクソみたいなヤツだらけだ。ちょっと何かを教えたら、全部を台無しにしようとしてくる。だから私は、メディアにはもう情報は渡さない。ただ、試合は予定通り、地球上のどこかで行われるからな。時が来たら教えてやるよ。



なお、大会開催候補地はフロリダ州が有力だとBloodyElbowが報じている。今のところ、州知事からアスレティック・コミッションに対して、大会開催の禁止令が出ていないためだという。米国内で開催となると,出場選手も米国に拠点を持つ選手が中心になりそうで、コルビー・コビントン、タイロン・ウッドリー、ダスティン・ポワリエ、ホルヘ・マスビダルらが目下SNSでスクランブル出場をアピールしている。


世界に1つだけのトニー・ファーガソン


まさにトレーニング風景がPPVで売れる男、ファーガソン。































毎週更新!

Ad

プロフィール

高橋テツヤ

格闘技とプロレス、海外とニッポン、スポーツとエンターテインメント、勝者と敗者の際を究めて極めたい、プロレス・格闘技を愛するライター・翻訳者。

連絡先 takahashi.tetsuya アットマーク icloud.com

RSSリンクの表示